ドライバーの意志が吸収されていくような、ゆかいな気分に

ポルシェ911カレラ4S

4Sに搭載される3.8リッター水平対向エンジンは最高出力400ps/最大トルク440Nmを発生。4の3.4リッターは350ps/390Nmとなる。エネルギー回生システムやアイドリングストップ機構も備わった

991となってからの911の全体像については以前紹介した911カレラSのリポートを参照いただくとして、今回はカレラ4Sのインプレッションを主にお届けしよう。

400psというと、筆者が以前に乗っていた993ターボに匹敵するパワーである。かなり身構えて走りだしてみれば、まずはその極上のグランドツーリングカーっぷりに驚いた。991となって、スポーツ性能の向上はもちろんのこと、インテリアのラグジュアリー度アップをみても分かるとおり、GT化も著しい。それをして911らしくないとは、そもそもRRに固執しないボクはまったくもって思わないわけだけれども、事実は事実。そのことはカレラSのリポートでも述べた。

カレラ4Sでは、それがいっそう強調される。路面をガッチリと手足を拡げてつかむ感覚は明らかに増していて、フラットなライドフィールも顕著だ。それでいて、フロントが自由に動く感覚もしっかり残っていて、4駆と言われて思い浮かべる不自由さなど微塵も感じさせない。専用チューニングの賢い電子制御が、これまでのどの911よりも、素直で快適で安心で、しかも楽しいドライブフィールを提供してくれていた。
ポルシェ911カレラ4S

走安性やトラクション、ハンドリング性能を高めるPTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)を採用。これは991ターボのものをベースに、効率と燃費の向上も重視して最適化された。コースティング機能も備わっている

スポーツ+モードにしたときの、迫力のサウンドにつられて速度域をあげていけば、より一層、電子制御の恩恵が身にしみる。上げても上げても、さじを投げるそぶりなど一向にみせない。どころか、どんどんクルマの動きに確実性が増してゆき、ドライバーの意志が吸収されていくような、ゆかいな気分になってゆく。クルマが小さくなっていき、走りはじめの、あの重厚な感覚が薄れていくのだ。それが、911はやっぱりスポーツカーでもあったな、と再認識する瞬間だ。

あらためてボクはカレラ4のファンになった。ワイドボディがあるから、4Sでなくてもいい。本当のことを言うと、タルガ4なんかがあれば嬉しい。いざとなればスポーツできるぞ、くらいに留めておいて、ふだんはご機嫌なクルーザーとして、オールマイティに使い倒してみたいからだ。
ポルシェ911カレラ4S

アルミとスチールを組み合わせた軽量ハイブリッド構造により軽量化を実現、この4WDモデルでは旧型から最大65kg軽くなっている。燃費も16%抑えられた

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。