「ピカソ館」の外観も絵になります。ピカソの作品を子どもが目にすることができる、貴重な場ですね。

「ピカソ館」の外観も絵になります。ピカソの作品を子どもが目にすることができる、貴重な場ですね。

箱根というと、大人の温泉街のイメージがありませんか。けれども、子連れの箱根もなかなかエキサイティング。「彫刻の森美術館」と、登山鉄道などの乗り物を楽しんでみてはいかがでしょう。

1泊2日にちょうどよい旅プランができます。





プレイスカルプチャーのひとつ「ネットの森」。カラフルな手編みネットに登ったりゆすったり。

プレイスカルプチャーのひとつ「ネットの森」。カラフルな手編みネットに登ったりゆすったり。

子ども向けのサービスが充実! 「彫刻の森美術館」

箱根にある「彫刻の森美術館」は、子どもを連れて楽しめる美術館。広い敷地内は子どもたちが自由に歩いたり走ったりでき、のびのびと過ごせます。

“プレイスカルプチャー”と呼ばれる子どもたちが中に入って遊べる彫刻では、遊びながら自然な形で彫刻に触れられ、屋内施設「ごろごろコロン ちょうこくとなかよし」の中には滑り台などがあり雨の日も楽しめます。

また、屋外の撮影は自由。美しい彫刻や建物を背景に、子どもたちの楽しい写真が撮れること間違いなしです。


屋内施設「ごろごろコロンundefinedちょうこくとなかよし」。靴を脱いで思いっきり遊べます。

屋内施設「ごろごろコロン ちょうこくとなかよし」。靴を脱いで思いっきり遊べます。

広い敷地ですが、トイレの数が多いのも子連れにうれしいところ。おむつ替えシート付きの多目的トイレもあります。
本館にはベビーカーの貸し出しや授乳室も完備。お弁当の持ち込みも可能です(飲食場所を守りましょう)。





 

「円形広場」のバイソンは、絶好の撮影スポット!

「円形広場」のバイソンは、絶好の撮影スポット!


彫刻の森美術館 
住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平 1121
TEL:0460-82-1161
アクセスはこちら








子鉄ちゃんでなくても大興奮! 登山鉄道&ケーブルカー

いろいろな乗り物に乗れるのも箱根の楽しみのひとつ。

いろいろな乗り物に乗れるのも箱根の楽しみのひとつ。

箱根といえば、登山鉄道やケーブルカーをはじめとする乗り物。登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、遊覧船で、箱根をぐるりと一周できます。小さな子どもは乗り物にすぐに飽きてしまいがちですが、次々と違った乗り物・違った景色が目の前に広がるので、楽しめるのではないでしょうか。

登山鉄道は乗り口に数段のステップがついているので、ベビーカーの場合はひとりで乗り降りさせるのは難しいかもしれません。駅員さんに声をかけたほうが無難です。

「箱根湯本」の駅にはエレベーターがありますが、駅によっては階段しかない場合もあります。途中駅に宿がある場合は事前にチェックを。

ロープウェイ「桃源台駅」の赤ちゃん休憩室・授乳室。

ロープウェイ「桃源台駅」の赤ちゃん休憩室・授乳室。

ロープウェイの「桃源台駅」に、きれいな授乳室(赤ちゃん休憩室)がありました。周遊する際の授乳スポットとして覚えておくと便利です。
バスもノンステップバスが少ないので、ベビーカーでの乗り降りは不便かもしれません。




大人は温泉、子どもたちは乗り物と美術館で、1泊2日でたっぷり楽しめる「箱根」。いかがでしたでしょうか。

ちなみに我が家は、旅館ガイドの井門隆夫さんがおすすめしている「箱根塔ノ沢温泉 一ノ湯本館」に宿泊しました。部屋付きの露天風呂があるということで、部屋付きならば子連れでも露天風呂が楽しめる! と思ったから。思惑通り、子どもたちの様子をみながら、ゆったり温泉を楽しめました!

井門さんの「一ノ湯本館」ガイド記事はこちらです>>

※上記データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。