カージナルテトラ

熱帯魚にはカラフルな種類が多く 水槽が華やかになる

そもそも、皆さんは熱帯魚を飼育することに関して、どのようなイメージをお持ちでしょうか。良いイメージから言えば、カラフルできれい、癒されそう……。悪いイメージとしては、掃除が大変そう、場所を取りそう……。色々とあると思います。しかし、観賞魚のお店に立っている人間からすると、熱帯魚を飼育するかどうか迷っている方は、熱帯魚飼育はお金が掛かりそうというイメージをお持ちの方が非常に多いように感じます。そこで今回は、実際にランニングコストも含め、熱帯魚飼育にはどのくらいお金がかかるのかを調べてみました。

実際、熱帯魚に限らず、生き物を飼育するにあたって、飼育コストは切っても切れない問題です。相手が生き物の趣味ですから、途中で投げ出すことができません。熱帯魚を始めたものの、思ったよりもお金がかかるしもうやめたい……なんてことになろうものなら、それは熱帯魚にとっても、飼育者であるあなたにとっても不幸なことだと思うのです。ですから、現実の問題として、どのくらい熱帯魚飼育にコストがかかるのか、事前に知っておくことはとても重要だと思います。今回の記事をぜひ、あなたの熱帯魚飼育計画の参考にしていただければ幸いです。

まずは飼育用品を揃えよう!

ここで問題になるのが、本当に必要最低限のものだけを用意し、徹底的に安く飼育を始めるか、ある程度の飼育用品を用意し、余裕のある飼育を始めるかという判断です。初めて熱帯魚を飼育するときは、どうしても失敗したときのことを考え、低コストにまとめたくなります。しかしながら、今回は今後あなたに熱帯魚飼育に熱中して欲しいという願いも込めて、後者を選択しました。飼育用品を必要十分に揃え、ある程度の環境を作れば初めての熱帯魚飼育でも失敗しづらいですし、せっかくの熱帯魚飼育ですから、キレイに観賞できたほうが好ましいのではないでしょうか。

まず必要なものとして、以下が挙げられるでしょう。
  • 水槽
  • 水槽台
  • ろ過器
  • ライト
  • エサ
  • カルキ抜き
  • 底砂
  • ヒーター

>> 次のページで具体的にご紹介します