アレカヤシの特徴


アレカヤシ

学名:Dypsis lutescens ヤシ科クリサリドカルプス属

根元から株立ちなっている柔らかいヤシの葉は、爽やかなイメージ。高さ160cmほどの大きなサイズになると、横幅のボリュームもかなりありますが、目隠しなどにも利用しやすい品種です。

●難易度 : 容易
●サイズ : 小型~大型

■光 : 日向を好むが、半日陰でもOK。
■耐寒性 : 弱い(最低10℃以上)
■水 : 普通の水やりでOK。ただし夏場はたっぷり

アレカヤシの育て方ポイント

寒さに弱いので、冬季の置き場所に注意!

アレカヤシについて調べてみると、「耐陰性が強い」すなわち、暗いところでも大丈夫と書かれていることが多いですが、実際には、明るい室内に置いた方が健康に育ちます。マダガスカル原産で、寒さに弱いのが特徴で、生育に必要な最低温度は、10℃以上なので、東北・北海道地域など、冬季に夜間の室内温度が下がってしまうところでは、難しい品種です。

水やりは「土が乾いたらあげる」という普通の水やり方法でOKなのですが、他の観葉植物に比べて葉の量が多いため、葉から蒸散する水分の量も多くなります。ですので、あげるときはたっぷりあげて下さい。さらに、5月中旬~9月頃までの生育が活発になる季節は、水やりの頻度も多くなする必要があります。

室内が乾燥していたり、葉にホコリがたまったりすると、ハダニやコナカイガラムシという害虫がつきやすくなりますので、ときどき、葉に霧吹きで水をかけてあげたり、湿った布で葉を拭いてあげると、害虫の予防になります。もし、害虫がついてしまったら、湿った布やウェットティッシュで拭き取るか、夏であれば屋外に出して、シャワーで水を一気にかけ、葉のホコリとともに流してあげると良いでしょう。その際に気をつけてほしいのが、葉やけのこと。水の雫が葉についたまま、夏の直射日光に当たってしまうと、雫がレンズの役目をして、葉に光を集中させてしまい、それが、茶色い日焼けとなって残ってしまいます。真夏の夕方に水をかけてあげて、一晩置いて、乾かしてから室内に入れるのが一番ラクな方法かもしれません。その際、脇に椅子を置いて、夕涼みしながらビールでも……なんていうのも良いかもしれないですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。