彼女の声の前で人々は、聞き惚れるというよりひれ伏すという表現がふさわしい。と、わたしは思います。マリア・カラス。音楽に興味がなくとも、この名を聞いたことがない方はおそらくいないでしょう。今世紀だけではなく、女性がオペラを歌うようになってから今後もふくめて、もっとも有名な歌手の一人です。

波乱万丈の人生だろうと

その美貌や圧倒的な歌唱力だけではなく、ケネディ大統領の未亡人ジャクリーヌとその愛を奪い合った海運王オナシスとの恋愛とその破たんの物語でも名をはせました。親に省みられない少女時代であったとか、オナシスとの愛にやぶれた後、晩年は孤独に死んだとか様々言われていますが、そんなことはどうでも良いではないですか。

「アマデウス」モーツァルトとて、困窮の末に死んだのです。ベートーベンだって、聴力を失い、家庭の愛には恵まれませんでした。ヘンデルはいつも借金取りに追われていましたし、伝説のカストラート・ファリネッリは、愛を高らかに歌い上げながら、つねに愛に飢えていたといいます。それでも彼らは、すばらしい音楽を遺してくれたのです。

無敵の歌声

素晴らしきは彼女の歌声。なにものにも侵されず、すべてを圧倒する無敵のパワー。それを聴く栄誉によくした我々は、ただその音に全身をひたし、最後にあらん限りの力で拍手を贈る。そうされるのに最もふさわしいディーヴァ。それがマリア・カラスなのです。

彼女を描いた映画で、こんなセリフがありました。

「神様、もう一度声をください」

彼女の歌声は彼女自身のものではなく、ほんのひと時、天上の誰かが人々のために使わしてくれたものだったのか。その声を聴けば、あなたもそう納得されると思います。亡くなられたいまでは生で聴くことはかないませんが、CDならばあります。ぜひ一度、その歌声にうたれてください。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。