暑さ対策やサインをお願いするときに便利

取り組みが進んだ会場内は、とても熱気に包まれます。生で真剣勝負をする力士たちの姿を見て応援すれば当然のこと。周りの盛り上がりとともに、誰しもがヒートアップするでしょう。

そのため、もちろん空調は効いていますが、特に夏のマス席には多くの人が出入りするため人間の熱で「暑い!」と感じることも多いです。

そんなときに必要になるのが「うちわ」や「扇子」。日本の国技ともいえる相撲ですから、伝統的な生活道具を使って観戦しましょう。また、スッと出せるうちわや扇子は、力士にサインをお願いするときにもオススメです。

ちなみに、先着100名(整理券は午前中に配布)に親方衆が、日本相撲協会の公式マスコットキャラクター「せきトリくん」のうちわなど(名古屋場所の場合、玄関で西濃運輸が軍配形のうちわ)を無料で配っています。

なお、国技館内のショップ「相撲銘品館」(参考:http://shop.kokugikan.jp/)では扇子を販売。力士や行司などの絵と、力士の名前が入ったその名も「相撲扇子」(1050円)で、観戦の記念に購入しても良いですね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。