まるで英国に来たかのような佇まいの美術館

 

 

由布院は温泉街でありながらメインストリートには素敵なお店や建物などまち散策をしたくなる雰囲気が人気の観光地です。

今回ご紹介する「由布院ステンドグラス美術館」はヨーロッパの1800年代からのアンティークステンドグラスを展示した日本で初めての本格的なステンドグラス美術館です。レンガづくりの外観はまるで英国に来たかのような雰囲気の佇まいです。2つの建物があり、照明を通してのステンドグラスを楽しむ「ニールズハウス」と、数々の美しいステンドグラスウィンドウをその内部に取り入れた「聖ロバート教会」の二棟から構成されています。

ニールズハウスの館内には7つの展示室があります。アールヌーボーの最高傑作と呼ばれるエミール・ガレのガラスの芸術品や工芸品、絵画など、数多くの名品・美術品が展示されているので必見です!

聖ロバート教会は見た目も美しい教会です。建材や調度品に至るまで、こだわりの厳選された英国直輸入のアンティークで装飾されています。また、こちらの教会では挙式もできるそうです!

ショップではステンドグラス小物をはじめ、手作りのステンドグラスがお買い物できます。要予約で「ステンドグラス体験」もできますので時間がある際はぜひ体験してみてはいかがですか?


■由布院ステンドグラス美術館
住所:大分県由布市湯布院町川上2461-3
電話番号:0977-84-5575
入館料:大人1,000円 ドリンク付券1,300円
開館時間:9:00~18:00(入館は17:30まで)
定休日:無休
URL:http://www1.bbiq.jp/yufuin.sg.mu/index.htm

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。