観光地の中心に佇む、穴場なバー

オーセンティックな雰囲気の店内

オーセンティックな雰囲気の店内

倉敷といえば、美観地区内にある旧紡績工場を改装して作られた宿泊・観光施設「アイビースクエア」が有名です。その中にひっそりと佇むバー「赤煉瓦」は、観光の中心地にありながらも意外と穴場なスポットになっています。

昼間はたくさんの人であふれているアイビースクエアも、夜が更けるにつれてその賑わいに落ち着きを見せていきます。必然的に「赤煉瓦」の客層は宿泊客が中心となっているようです。店内のオーセンティックな雰囲気も手伝って、静かに倉敷の夜を過ごすことができるスポットとなっています。

観光の中心地「アイビースクエア」内ながら、静かな倉敷の夜を過ごすことができる

観光の中心地「アイビースクエア」内ながら、静かな倉敷の夜を過ごすことができる

店内に入るとまず目を惹くのが、丸みのある特徴的な天井。これは酒樽をイメージして作られたものなのだそう。そしてカウンターの上には洋酒を中心に多彩なお酒がずらり。テーブル席が多いので4人ほどのグループでも対応してくれるのが嬉しいポイントです。

お値段も東京のバーに比べたらかなりリーズナブル。思わず飲み過ぎてしまわないように注意が必要かもしれませんね。

宿泊もできるアイビースクエアにある「赤煉瓦」はいわゆるホテルバーのような位置づけですが、ここからは都会のホテルバーのような美しい街の夜景は見えません。その代わり、古き佳き時代の風情を守り続けるこの場所でしか味わうことのできない、歴史の瞬きを見ることができるのです。

■パブリックバー 赤煉瓦
住所:岡山県倉敷市本町7-2 (アイビースクエア内)
tel:086-422-0011 (代表)
営業時間:19:00~23:30(L.O. 23:00)
URL:http://www.ivysquare.co.jp/restaurant/bar.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。