蔦を張り巡らした赤レンガが印象的な観光スポット

 

 

「倉敷アイビースクエア」はもの作りの街、倉敷の礎を担ってきた歴史ある観光スポット。近代産業遺産にも指定されている広々とした敷地には宿泊施設もあり、リーズナブルな価格で利用できます。

蔦を張り巡らした赤レンガが印象的な倉敷アイビースクエアは明治時代に倉敷紡績工場によって建てられたもの。イギリスの工場をお手本にしたレトロモダンな雰囲気は当時から話題になっていたとか。長年、街のランドマークとして倉敷のもの作りを支えてきましたが、昭和48年には工場としての役目を終え、観光スポットとして生まれ変わったそうです。

創業時の風情をそのまま生かした敷地にはホテルやレストラン、ショップ、体験施設の他、倉敷の歴史がわかる資料館や美術館などを完備。美観地区を代表するスポットとして、ここだけでも十分に楽しめるようになっています。
 

 

 

 


昼間も多くの日帰り客で賑わっていますが、ホテルの方も貴重な文化施設に泊まれる!と週末には満室になることも。部屋タイプもシングル、ツイン、トリプルに和室とさまざまな用途で利用できる為、リピーターも多いそうです。さらに、ホテルには旅の疲れを癒す大浴場も完備!
倉敷美観地区にも歩いてすぐなので、人の少ない時間に散策……もおすすめです。

■倉敷アイビースクエア

住所:岡山県倉敷市本町7-2
電話:086-422-0011
アクセス:JR「倉敷駅」から徒歩15分
HP:www.ivysquare.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。