スパイシーな蟹とふわふわ卵の定番タイ料理

 

 プーパッポンカリー

ふわふわの卵とスパイシーなカレーの風味が絶妙なバランスでカニのうま味を引き立てるタイ料理の定番「プーパッポンカリー」。ソンブーンシーフードは、その元祖として有名なレストランです。

元々は、カニをカレー風味にして炒めるだけのシンプルな料理だったという「プーパッポンカリー」。そこに手を加え、現在のスタイルにしたのがソンブーンシーフード。

このレストランでは主役にワタリガニを使用。殻付きのままぶつ切りにして、カレー粉などで炒めます。このとき、卵やココナッツカレーでマイルドな味わいにしつつ、ピリっとした辛さを出すためにタイの唐辛子味噌、ナムプリック・パオを加えるとか。

ちなみに殻付きは面倒という人には、ちょっと割高になりますが殻なしもあります。頭に「ヌア」を付けて「ヌア・プーパッポンカリー」と注文してください。

ソンブーンシーフードはバンタットン本店をはじめ、スラウォン店、ラチャダー店などバンコク市内に全部で5店舗あります。今やタイのシーフードレストランではおなじみの「プーパッポンカリー」ですが、ぜひ元祖でその味のほどを確かめてください。


■Somboon Seafood(ソンブーンシーフード) 
住所:895/6-12 Chula Soi8, Bangthadthong Road, Pathumwan, Bangkok 10330(バンタットン本店)
電話:02-216-4203-5
営業時間:16:00~23:30
定休日:年中無休
アクセス:BTSナショナルスタジアム(National Studium)駅 1番出口から徒歩約20分
HP:http://www.somboonseafood.com/(タイ語、英語)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。