三島由紀夫の小説の舞台としても有名

 

       ワット・アルン

バンコクの観光に外せないお寺巡り。バンコク市街地からチャオプラヤー川を渡ったところにあるワット・アルンはバンコクにある三大寺院の一つです。ワットは寺、アルンは暁という意味。三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台となったことでも知られます。現在の10バーツ硬貨にも描かれています。

先に書いた通り、バンコク市街地からワット・アルンへは、チャオプラヤー川を渡る舟で向かいます。ちょっとしたアトラクション気分でワクワク。料金は3バーツ(約9円)と激安です。船が行きかうチャオプラヤー川を5分ほど進めばワット・アルンの入り口に到着します。
 

 チャオプラヤー川

入場料は20バーツ(約60円)です。ワットアルンのシンボルといえば、大きな5つの仏塔。一番目立つ大仏塔の高さは約75mです。タイの寺院といえば金ぴかのイメージがありますが、ヒンドゥー教の聖地・カイサーラ山をイメージして造った仏塔なので、印象が異なります。遠くから見るとくすんだ色に見えますが、近づくと色彩豊かなタイルが一面を飾り、その美しさに見ほれます。また大仏塔には上ることができ、チャオプラヤー川やバンコク市街が一望できます。上る階段はとても急なので注意が必要です。

ほかにも回廊に120体もの仏像が並ぶ本堂なども見どころです。派手さはありませんが、ちょっとレトロな雰囲気を楽しめるワット・アルン。私はバンコクで訪れたお寺の中で一番好きな雰囲気でした。

■ワット・アルン
住所:34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600
電話番号:+66-2-891-2978
営業時間:7:00~18:00
定休日:なし
入場料:20バーツ
HP:http://www.bangkoknavi.com/miru/40/(バンコクナビ)

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。