ミニサイズの自由の女神がいる「パセオ公園」

パセオ公園

パセオ公園

タモン地区中心街から車で15分ほどの場所、ハガッニャ市街の最北にある「パセオ公園」は、アガニャ湾に突き出た人工の半島です。

公園の中にはナイター設備完備のグアム最大の野球場「パセオ球場」やバスケットボールコート、ジョギングコースなどグアム有数のスポーツ・エリアとして人気スポットです。

公園入口にあるロータリーの中央には、17世紀にチャモロ族の統一を成し遂げた「大酋長キプハの像」がお出迎え!

また、公園の半島の先端には、アメリカの女神像の約10分の1の大きさの「自由の女神像」が建っています。高さ約5mほどの自由の女神像はニューヨークと同じく、「自由と独立」を意味して建てられているそうです。

自由の女神を背景に望むハガニア湾のサンセットはとても美しく最高のロケーションです。

■パセオ公園
・住所:ハガッニャ地区、マリンドライブ(1号線)沿い
・料金:無料

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。