新鮮で肉厚なブリを贅沢に使った 「ブリカツ丼」

出典:佐渡にこいっちゃ(http://sadokoi.com/)

出典:佐渡にこいっちゃ(http://sadokoi.com/)

たれかつにブラック焼きそばなど、新潟県にはB級グルメが満載! 佐渡にも「佐渡天然ブリカツ丼」という新名物が誕生し、人気を集めています。肉厚でジューシーなブリカツはリピートしたくなるほど絶品です。

「佐渡天然ブリカツ丼」とは地元の米粉を使った衣で揚げたカツを特製のあごだし(トビウオ)醤油ダレにくぐらせてご飯にのせたもの。新潟B級グルメの代表格「たれかつ」と同様に、タマゴでとじたりせず、シンプルに仕上げられています。

ブリカツ丼を盛り上げる「佐渡ご当地グルメ普及促進協議会」によると、お米は佐渡市認証米のコシヒカリ「朱鷺と暮らす郷」を使用。また、丼にのせるカツの枚数は5切れ。さらに副菜には地元の郷土食「イカながも」をつけ、佐渡素材を使った汁物とデザートをつけることなど、細かい部分にまでしっかりとルールが決められています。

現在、「小木家」「味彩」など8つの店舗で「ブリカツ丼」を提供していますが、どこも味に定評があり、ハズレのない新名物として売り切れるお店もあるとか。もともと、生で食べられるほど新鮮で肉厚なブリをカツにしているのだから、美味しさは折り紙つき。どうしても食べたいという方は早めのランチをおすすめします。

■小木家
住所:佐渡市小木町1950-9
電話:0259-86-3666
アクセス:佐渡汽船「小木港」ターミナル内
定休日:無休
営業時間:9時から18時
URL(ブリカツ丼公式サイト):http://www.burikatsu.com/

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。