形状違いのWヘッドで細部の仕上げがしやすい!

 
東芝・美ラクルLa・Coo【TA-FVX910】

東芝:美ラクルLa・Coo(ミラクルラクー)【TA-FVX910】

独自の形状「美(ミ)ラクルベース」が売り。Wヘッドのアイロンとしては2番手の発売でしたが、全くの別物と言っても過言ではない違いがあります。形状の異なる先端の使い勝手など含め、ご紹介しましょう。

 

違う形形状のWヘッドで仕上がりUP

東芝・美ラクルLa・Coo【TA-FVX910】

形状がそれぞれ違う両側の先端~左:前方は細く尖っていてボタン回りに最適/右:後方は先端の直線部分が特徴

全方向に動かしやすいのWヘッドアイロン。このモデルはそのWヘッドの形が微妙に異なっているのが最大の特長です。通常進行方向になる前方は、細く尖った「楽がけライン」で、ボタン周りなど細かな部分がかけやすい形。後方は、やや面積が広く先端が平らになっている「NEWポイントプレス」で、スカートのプリーツなどの仕上げがしやすい形状になっています。

実際に使ってみると、確かにこの形の差が生きてきます。ワイシャツのボタンの間や細かなタックやプリーツをプレスする時、この尖った先端が非常に使いやすくてキレイに仕上がり楽しくなります。一方、ふっくらと仕上げたいフリルは少し面積がある後方がかけやすく、スカートのプリーツをビシッと押さえるのには先端が平らだとベストと、なかなか考え抜かれています。

Wヘッドの魅力は前後ともに動かしやすくかけ時間が短縮できることだけと思われがちですが、先端を2種類持つことで仕上がりを格段に良くできるのも、大きなメリットだと実感できます。

 

パワフルなスチームを使い分ける

東芝・美ラクルLa・Coo【TA-FVX910】

かけ面には52個のスチーム孔とA字形のライン状の溝があります

スチームパワーも大きな魅力のひとつ。かけ面全体にある52個のスチーム孔と、A字形のライン状の溝により、スチームがムラ無く行きわたります。これにより最大毎分12mlのパワーを実現。さらに最長約260秒のスチーム持続時間も可能なので、広い面積のモノでも安心です。
 
東芝・美ラクルLa・Coo【TA-FVX910】

スチーム切り替えと、ショット・ミストを切替える操作部分

スチームの切り替えは「スチーム」と「シャワースチーム」の2通り。「スチーム」より多くのスチームが出る「シャワースチーム」は、ガンコなシワを延ばす時やズボンの折り目付けなどに使います。また、スチーム切替の他に「ショット」と「ミスト」のボタンがあります。「ショット」は瞬間的にスチームがパワフルになる機能で、厚手のニットをふっくら仕上げたり、吊るしたままの衣類に使えば、ニオイケアにも有効です。
 
東芝・美ラクルLa・Coo【TA-FVX910】

片手で持ちながらショットボタンを押すのはやや重い…

ただし、本体が1.2kgと、女性の腕力ではやや重いと感じます。少しではありますが、タンクに水も入りますので、ショットボタンを押しながら吊るした状態でスチームショットをするのは、ちょっと大変だと感じるかもしれません。この機能を頻繁に使いたいなら、店頭で重さのチェックをしておくことをおすすめします。