土休日限定の回数券なら10枚の値段で14枚も買える

160円の回数券を買って、お財布に入れておくと便利ですよ。

170円の回数券を買って、お財布に入れておくと便利ですよ。

「東京メトロにちょこちょこと乗るけど、お得に使いたい。でも定期券を買うほどではない…」、そんなあなたにオススメしたいのが、東京メトロの”回数券”です。

電車の回数券というと、一般的に10枚分のお値段で11枚の切符が買えるというもの。さらにオトクな設定のものもあり、時差回数券(平日10時~16時の間に最初に改札を通ればOK。土日と休日は時間関係なくOK)なら12枚、土・休日割引回数券(土日、祝日のみOK)なら、14枚分買えるので、オトク度がアップ。いずれも、駅にある券売機で買えます。

では、東京メトロの170円の回数券で、1枚あたりどれくらいオトクになるのでしょうか。最近は、SuicaやPASMOなどを使うこともあると思います。170円区間は、SuicaやPASMOを使えば165円に割引されます。

そこで、「170円の回数券を使った場合」が、「SuicaやPASMOで165円で乗った場合」に比べるとどれくらいオトクなのか、オフ率を調べてみました。

●通常の11枚つづり→ 170円×10枚分のお値段÷11枚=約154.5円 (約6.4%オフ)
●時差限定+土日OKの12枚つづり→ 170円×10枚÷12枚=約141.7円 (約14.1%オフ)
●土休日限定の14枚つづり→ 170円×10枚÷14枚=約121.4円 (約26.4%オフ)


いかがでしょうか。特に、土曜・日曜・休日の場合は26%以上オフと、かなりオトクですよね。

東京メトロの回数券ならではのメリットが2つある!

そして、東京メトロの回数券には、JRなど他の電車の回数券にはあまり見られないメリットが2つあるのです……それは「金額のみが書かれた回数券なので、どこの駅で使ってもOK」「乗り越し精算をするときには差額でOK」の2つです。

例えば、JRであれば、"○○駅~○○駅"とあらかじめ区間が決められていますよね。でも東京メトロなら、 "170円""200円""240円"などと金額しか書いてありません。つまり、どこの駅から乗っても降りてもOKです。

そして、JRなどの回数券では、回数券の区間を超えて使用すると、超えた分はもう一度電車を乗りなおした形で精算となるため、出費が大きくかかります。

ところが、東京メトロの回数券は、170円の回数券を使って200円の区間に乗った場合、降りる際に乗り越し精算機で差額の30円を支払えば、改札を出られる精算券が出てきます。差額だけでOKというのが、うれしいですね。

ただし注意したいのが、有効期限が3ヵ月間だということ。買う前に、3ヵ月間で使いきれるかどうかをよく検討しておきましょう。

自分一人で使うのもよいですが、家族や友人、恋人などと一緒に使うのもいいかもしれません。よろしかったらチェックしてみてください!