同じシナリオで比較してみよう: 自己嫌悪スイッチONの場合

パターン1:
「今日、娘が反抗して叩いてきたので、つい私も手をあげてしまった。娘は泣き叫んで、さらに反抗してきた。結局、互いに折れることなく、娘は泣きながら眠りについてしまった……。」

こう考えるとどんどん落ち込んでしまう

こう考えるとどんどん落ち込んでしまう


この展開を読んで、どんな気持ちになりましたか? 自信喪失、自己嫌悪の思いで心がどん底まで落とされる姿がイメージできるのではないでしょうか?

>>次ページのシナリオ「自己嫌悪スイッチOFFの場合」の展開ではどうでしょうか?