社会福祉士国家試験とは

社会福祉士の国家試験は年1回、例年1月第4日曜に行われています。
社会福祉士の試験科目(19科目18科目群)は次の通りです(第25回国家試験)。

1.人体の構造と機能及び疾病
2.心理学理論と心理的支援
3.社会理論と社会システム
4.現代社会と福祉
5.地域福祉の理論と方法
6.福祉行財政と福祉計画
7.社会保障
8.障害者に対する支援と障害者自立支援制度
9.低所得者に対する支援と生活保護制度
10.保健医療サービス
11.権利擁護と成年後見制度
12.社会調査の基礎
13.相談援助の基盤と専門職
14.相談援助の理論と方法
15.福祉サービスの組織と経営
16.高齢者に対する支援と介護保険制度
17.児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
18.就労支援サービス・更生保護制度

問題数は125問で、試験時間は午前が精神保健福祉士との共通科目(1.人体の構造と機能及び疾病~11.権利擁護と成年後見制度)2時間15分、午後が社会福祉士の専門科目(12.社会調査の基礎~18.就労支援サービス・更生保護制度)1時間45分となっています.

このように大変広い範囲からの出題となっているため、社会福祉士国家試験に合格するには、福祉についての幅広い知識が必要です。