冬はストーブが大活躍!!

今年、久しぶりにストーブを出してみたところ、我が家のは小さいストーブなんですが、節約効果と便利さですっかりはまっちゃいました。
ファンヒーターも、朝のみでタイマーで部屋を暖めるために使ってます。

加湿ができる

ストーブの上にやかんを置くので(やかん2個置いてます)、加湿器はたまにしか使わなくなりました。

いつでもホットの飲み物が飲める

電気保温ポットを使用している家庭は、その電気代も不要。
我が家は、ホットの飲み物を作る時にそのつどお湯を沸かしていたのですが、
今は沸かす分の光熱費がいらない上に、飲みたいと思った時にすぐやかんのお湯が使えます。

食事の支度ができる(これが節約にかなり貢献!)

オール電化の我が家、日中に食事の支度をすると光熱費が高い。でも習い事や主人の都合などで、電気代の高い時間帯に夕飯の支度をしないといけない時が多いんです。が、ストーブの上で汁物や煮物などが作れるので、時間帯を気にせず作れる上に、長く煮込むものも余分な光熱費いらず。
ちょっと野菜をゆでる時なども、ストーブのやかんのお湯がすぐ使えるのでかなり節約になります。

一人の時に、部屋全体を無駄に暖めなくてよい

私は敏感肌なので、ファンヒーターの風が直接あたる場所では過ごせないんですが、ストーブの場合はすぐ前に座っていても肌が荒れるわけではないので、部屋に自分一人しかいない時には最小の火加減にしてべったり前に座ります。部屋全体が温かくなくてもじゅうぶんあったかいですよ。

ペットがあたたかいらしい

我が家のトイ・プーは、電気式のカーペットも湯たんぽのようなものも何でもかじってしまうので困っていたのですが、たまたまゲージの隣がストーブの置き場所になったことで、トイ・プーちゃんもストーブに近い方で過ごすようになり、どうやら夜もストーブを消してしばらくは余熱であったかいようなんです。
これに関してはトイ・プーちゃんがどう感じているか、推測でしかないですが(笑)

寝るときにはやかんのお湯を湯たんぽに!

去年までは、毎晩、寝る前に湯たんぽ用のお湯を沸かしてました。このちょっとの手間も必要なくなり、寝ようと思ったらすぐ湯たんぽができちゃいます。しかも、保温されているお湯じゃなくて、ストーブでずっと沸騰しているお湯なので、朝までぽかぽかの湯たんぽです♪


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「ファイナンシャルプランナーに相談したら家計が黒字化した!」「家族にバレずに債務整理できた!」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。