XP(32bit)からWindows8 Pro

 

 

 

 

 

 

Windows8には、32bit、64bitのバージョンがあり、DVDメディア版であれば選択が可能です。現状XP(32bit)→Windows8(64bit)も可能ですが、権利情報の引継ぎはできません。

また、ダウンロード版は同じbitのアップグレードのみ可能です。

事前準備

  • 作業前には基本データのバックアップ
    メール、ドキュメント、音楽データ、写真、その他個人的に重要なものはバックアップするのが安全です。

    アップグレードしたいPCの対応状況確認
    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/upgrade-to-windows-8

    一度アップグレードアシスタントで自分のPCを確認してみてください(数分)

    OSのアップグレードで問題になるのは、PCのスペック、デバイス(ハード周辺機器)、個人で使用していたアプリケーション等がWindows8でうまく動作しないことがあります。
各周辺機器メーカーのサイトで、個々に調べておくほうが慎重に進むことができます。

アップグレードの方法

基本3種類用意されています。
対象OS:Xp, Vista,Windows7

■アップデートの方法
  1. オンラインDL(ダウンロード)のみ:3300円
    決済後すぐにWindows8を起動可能

    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy
    ※ダウンロードデータをDVDとして作成はできない
    ※Windows8アップグレード後であれば、DVDメディア作成可能
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-product-key-only
     
  2. オンライン(DVD媒体を配送):3300+1589円
    パッケージ版(量販店、オンラインショップ):参考価格4900-5800 円
    ※2013年1月31日までキャンペーン

※上記の1・2はの支払いには、クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB)、オンライン決済サービス(PayPal)になります。

また、DL版購入後「注文内容」の注文番号、プロダクトキーは重要です。印刷、メモを保持してください。再度DLする場合に必要となります。
https://www.mswos.com/


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。