A6ベースの5ドアハッチバック

アウディA7スポーツバック

2011年に登場した“4ドアクーぺ”のA7スポーツバック。3.0TFSIクワトロ(879万円)が用意され、ボディサイズは全長4990mm×全幅1910mm×全高1430mm

最近のアウディはモデルがいっぱい増えて、何が何だか分からなくなってきた、なんて思っているクルマ好きも多いと思うので、本題に入る前にとりあえず、最新アウディのメインラインナップを整理しておこう。
アウディA4

欧州Dセグメントのサルーン&ステーションワゴン(アバント)のA4。2012年にマイナーチェンジを受けている。価格は440万円から

昔から存在する基本のモデルがA4、A6、A8だ。ご覧の用に、数字が偶数となっているモデルは4ドアサルーンがベースである(その昔、A2という特殊なモデルがあったが、それもまたコンパクトながら4ドアだった)。そして、4と6にはアバントというステーションワゴンボディも用意されている。

一方、奇数のA1、A3、A5は、2ドアがベースのモデル群である。言ってみれば、それはクーペスポーツ&スペシャリティという位置づけだ。けれども、それじゃあまりにも実用的じゃない、けれどもスタイリッシュなモデルは欲しい、というわがままな人たちのために、4ドア+ハッチバックの、いわゆる5ドア仕様をそれぞれに用意している。それが、アウディのいうところの“スポーツバック”である。
アウディS7スポーツバック

2012年に発表されたA7のハイパフォーマンスバージョン、S7スポーツバック。価格は1224万円

ところが、今回紹介するA7&S7のスポーツバックは、ちょっと話がややこしい。A6ベースの5ドアハッチバック、なのでスポーツバックを名乗っているわけだけれども、そもそもA7に2ドア(もしくは3ドア)モデルの用意が今のところはまだない。でかいクーペの需要は、減ってきているとはいえ、あるにはあるのだから、そこが抜けているということは、アウディブランドの限界を見るようで、ちょっと惜しい。

もっとも、R8というミドシップスーパーカーがあるし、M・ベンツやBMWは2ドアが売れないとみたからシューティングブレークやグランクーペを投入したのであって、アウディは先を見越して2ドアの用意をしなかった、ということもできるだろう。