離婚で幸せになる人と不幸になる人とは?セルフチェックしてみよう!

離婚して幸せになれるか

離婚を決める前に、離婚後の生活をしっかりシュミレーションしておくことは大事。そのためにも現在の自分を総点検してみて!

離婚をして幸せになる人と不幸になる人がいますが、みなさんは、自分がどちらのタイプかを把握していますか? そして、それは自分だけの思い込みではないですか?

そこで今回は、今、離婚をしたら幸せになれるか、不幸になるかを診断するための基準となる、セルフチェックをしてみましょう。
   

子どものことや離婚に対するイメージ等自分の生活について

次の質問にあてはまる答えを選び、選んだ解答の点数の合計を出してください。
Aは0点、Bは1点、Cは2点、Dは3点です。

Q.1 現在の仕事は?
A 無職
B 無職だが働く意欲はある
C 少ないが収入がある
D 生活費を稼いでいる

Q.2 貯金は?
A ゼロに近い
B 売れば資産に変わるものがある
C 実家に借金することができる
D 貯金で数ヶ月は暮らしていかれる

Q.3 両親は?
A 介護が必要
B 両親ともに他界している
C どちらかは健在
D 両方とも健在

Q.4 子どもは?
A 私立に通っている
B 公立に通っている
C 乳幼児
D 子どもはいない。または成人している

Q.5 現在の住まいは?
A 夫の実家
B 夫婦名義の持ち家
C 賃貸物件
D 自分の実家

Q.6 離婚に対するイメージは?
A 経済的に困る
B 子どもに申し訳ない
C 世間体が悪い
D 人生の再スタート

さて、合計の点数はいくつになりましたか?
その点数が、今のあなたが離婚で幸せになるか、不幸になるかの目安になります。
 

発表!「離婚で幸せになるか、不幸になるか」の診断結果

離婚して幸せになる人の共通点は「生活力のある人」です!

離婚して幸せになる人の共通点は「生活力のある人」です!

セルフチェックをした合計の点数によって、現在の自分が離婚で幸せになるか不幸になるかの判断材料のひとつにすることができます。このセルフチェックからわかることは、自分にどのくらい生活力があるかということ。生活力が備わっていれば、離婚をしてもなんとかやっていくことができるからです。

それでは診断結果をみてみましょう。

合計の点数が15点以上の人
……経済面、メンタル面の両方において、生活力があるといえそうです。離婚という人生の大きな決断を迫られるときでも、勇気と冷静さをもって、自分の幸せのために正しい判断ができそうです。

■合計の点数が11~14点の人
……離婚という局面にさらされても、ひとまず経済的、メンタル的に安心できるものを持っていそうです。最低レベルの安心感だけでなく、離婚後、今よりも幸せになるためには、今持っているものをさらに強化させる必要がありそうです。
 

■合計の点数が7~10点の人
……今すぐ生活力を身につける準備をはじめましょう。漠然と離婚後の不安におびえるよりも、「こうなったときは、こうする」というように具体的に自立の方法を考えて行動に移すことです。経済面、メンタル面の両方から考えてみてください。

■合計の点数が6点以下の人
……このままでは離婚の危機が迫ったとき、慌てたり落ち込んだりするだけで、気づけば途方に暮れてしまっていた、という危険性も。たとえば現在は無職の人でも、働く意志と覚悟を持つようにするなど、危機管理意識を高めることからはじめてください。
 

離婚して幸せになるためには自分自身に「生活力」を身につける

離婚はいつ訪れるかわからないものです。それだけに、突然、パートナーから離婚をつきつけられても動揺しないでいられるように、日頃から生活力を身につけておくのは大事なことになります。

離婚を言い渡されて動揺するのは誰でも同じですが、肝心なのは、その後どのような選択肢を考えることができるか、なのです。自分が幸せになるために、よりよい選択ができるかどうかが重要になるわけです。

今までの私の経験上では、冷静な判断ができているのは、経済的、メンタル的に生活力のある人が多かった印象があります。つまり、準備ができていれば選択の自由が増えるということにもつながるのです。


これを機会に生活力を身につけて、幸せを手にしましょう!

【関連記事】



あなたのお悩みについて、「似た経験をした人」とお話ししてみませんか?
(新サービス事前登録のご案内)

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。

たとえば「夫の不倫が発覚したけれど、どうしよう」「熟年離婚って実際、どうなんだろう」「子供の不登校にどう向き合ったらいいんだろう」「地方移住に興味はあるけれど……」などの悩み・疑問について、同じようなことを経験した・乗り越えた人から直接、話を聞いてみませんか?

日常では出会えない「同じ壁にぶつかった仲間」が、きっと見つかります。

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。