家電量販店株主優待ランキング発表!

恒例の株主優待ランキング!今回は家電量販店!第1位は驚きの利回りに・・、必見です!

恒例の株主優待ランキング!今回は家電量販店!第1位は驚きの利回りに・・、必見です!

そろそろ引っ越しシーズンの繁忙期に!新しい家電製品を購入する際、株主優待の活用を考えてみては如何でしょうか? そこで今回は家電量販店のお買い物優待券を株主優待で出している銘柄の中での配当利回りランキングを見てみたいと思います! 配当に加え、株主優待のお買い物優待券をそのまま利用した場合(※)の総合利回りで、これはと思えるトップ3を、あくまでも主観的な評価でランキングしてみたいと思います。

※利回りを計算する上での株主優待の評価方法ですが、1年で20万円分の家電製品を購入することを想定して、どれだけの金額が割引されるかを計算しています。それでは、第3位から順にご紹介していきましょう。

第3位 ビックカメラ(東証1部 3048) 

予想配当+予想優待売却利回り:9.07%

【2013/1/18株価】 44100円
【今期予想1株あたり現金配当】 1000円
【権利確定月】2月 8月
【優待内容】 買い物優待券(1000円)
8月    2月
1株以上   1枚    2枚
5株以上   2枚    3枚
10株以上  5枚    5枚
100株以上 25枚    25枚

※8月は1年以上2年未満継続して保有した場合(半期ベースで連続3・4回株主名簿に記載された場合)は1枚、2年以上継続をした場合(半期ベースで連続5回以上株主名簿に記載された場合)は2枚を追加

3位は株主優待ランキング常連企業のビックカメラです。首都圏を中心に家電量販店を展開している企業です。家電量販店では5位でしたが、2012年6月26日、6位のコジマの50.06%の株式を取得し、子会社化して業界2位に。パソコン販売のソフマップも子会社です。

今回は1株を購入して株主優待券を年間で3枚獲得した場合を想定しています(つまり利回り計算の際の株主優待は3000円で評価)。ビックカメラの買い物優待券は、割引券ではなく、そのまま使える有利な点があり、また家電だけではなく様々なものを販売していますので、利回り以上の便利さがあります。また、長期株主向け優待制度もマル。長期で持てば利回りはさらにアップです!

業績は規模拡大で上向き基調。株価は最近の日本株の上昇の波にのって上昇してきましたが、長期で見ればまだ安値ゾーンを横ばいといった印象でしょうか。

>>続いて2位と1位の発表です! 今回の1位も驚愕の利回り、必見です!