一糸乱れぬバチさばき 「岡谷太鼓祭り」

岡谷太鼓祭り

岡谷太鼓祭り

諏訪湖から車で15分、長野県岡谷市の「岡谷太鼓祭り」は約40年以上も続く和太鼓が主役のお祭り。最大の見所は300人で演奏する「揃いうち」。揃い打ちの太鼓の音は諏訪湖の対岸まで聞こえるほど勇壮だとか。

「岡谷太鼓祭り」は毎年8月13日~14日に行われる岡谷市最大のイベント。「岡谷太鼓」とは武田信玄にゆかりある「御諏訪(おすわ)太鼓」のカリスマ、小口大八さんから指導をうけ、結成されたのがはじまり。40年以上の歴史と華美なパフォーマンスに頼らない技術の高さから、日本だけでなく海外からも注目されているそうです。

祭りは18時30分に始まり、21時には終演。屋外に設けられた長さ60メートルの特設ステージで次々と太鼓の技が披露されます。メインの「300人揃いうち」では舞台いっぱいに打ち手が登壇。その数だけでも圧倒されますが、指揮者に合わせ、300人が一糸乱れぬバチさばきを見せると感動はピークに! 打ち手の中にはプロもいますが、大半は岡谷の太鼓連に所属している一般の方々がいらっしゃいます。仕事の合間に練習を重ね、素晴らしい音色を奏でているのです。

他にも観客席にまで打ち手が登場する「500人揃いうち」もあり、近い距離で祭りが楽しめるのも魅力!「神の音」とも言われる「岡谷太鼓祭り」の迫力を是非体感してみてください。

■岡谷太鼓祭り
・開催時期:毎年8月13日~14日
・電話:0266-23-4811(岡谷市役所・商業観光課)
・URL:http://okaya-taiko.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。