私の名前はキム・サムスン

ちょっぴり太めの女性パティシエ、キム・サムスン(キム・ソナ)が主人公。韓国では時代遅れに感じられる“キム・サムスン”という名前にコンプレックスを持っている彼女は、30歳で独身、彼氏にフラれて勤め先もクビになるというふんだりけったりの状況です。

そして、とあることから出会った御曹司のジノン(ヒョンビン)と契約恋愛の関係に。
ジノンの過去の恋人が現れ、サムスンと元彼女の間で揺れるジノン、だんだんジノンが好きになっていくサムスン。二人の恋愛を中心にストーリーが展開するラブコメディです。

2005年の韓国での放送時、最終回の視聴率が50%を超えた大ヒットドラマです。
私が初めて見た韓国ドラマもこの作品でした。それだけヒットしたドラマですので、ストーリーの面白さはお墨付き。

そして、誰かに大きな不幸が起きたり、出生の秘密が隠されていたり…という韓国ドラマにありがちな設定はありません。

いきなり韓国ドラマのドロドロ設定に触れるのはヘビーだと思うので、「キム・サムスン」のように笑って、ホロリとして、共感できるシンプルな作品から韓国ドラマ鑑賞をスタートしてみてはどうでしょうか。

■DVDの情報
提供:アミューズソフトエンタテインメント/インタラクティブメディアミックス
発売・販売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
価格:1~8巻 各3990円
公式HP:http://www.amuse-s-e.co.jp/samsoon/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。