基本がぎゅっと詰まったDVD「ダンス・スタイル・ヒップホップ」

PVを真似して踊ってもどこかキマらない、中学校の体育のダンスでみんなに差をつけたい、未経験でスタジオに通う勇気がない……そんな悩みに贈る必須ノウハウがつまっています。

ユニークな動きが次々に飛び出すスピーディーな展開に魅了されて、ヒップホップダンスに興味を持たれる方も少なくないのではないでしょうか。たしかに、ダンスにはさまざまなムーヴメントが出てきます。

音楽に追いつけ追い越せと振付を通過する様な練習をただ繰り返しても、なかなか上達には結びつかないもの。ダンスには、ビートに乗るための専門的な基礎スキルが存在します。

「アップ」・「ダウン」、「前ノリ」・「後ノリ」(本作では『前のリズム』『後ろのリズム』)と一般に呼ばれる全身を使った最も基本的なリズムの取り方から、あらゆる振付に頻出する、これもごく基本的なステップ、ヒップホップダンス特有の体のパーツの動きを体感できる「シェイク」が、見てすぐマネできるレクチャー映像として収録されています。

汗を流して練習しながらも注目したいのは、講師陣がこのような至ってシンプルで基礎的な動きのお手本をしている中でも、華やかな振付をこなす時に負けず劣らず「かっこいい」ところです。

リズムを取っているだけ、ステップを踏んでいるだけ、シェイクしているだけで見ているこちらまで心が踊るような表現の数々。基礎中の基礎の動き、最初の一歩からそれはすでにダンスなのだと体で語りかけられているようで、憧れ、勇気づけられるところではないでしょうか。

作品として純粋に楽しめるパフォーマンスの場面も豊富に収められています。レクチャーを学んだ目で見てみれば、ひたすら複雑に見えていた振付の中にも、基礎に少し工夫を加えた動きが意外に多く出てくることに気付くのではないでしょうか。

基礎トレーニングの中身、その大切さ、大先輩としてインストラクターたちが見せるダンサー像と、流行に左右されないベーシックな要素がぎゅっとつまった本作は、ヒップホップダンスを学ぶ大きな足がかりになってくれるDVDとして、発売から約10年が経った今なお現役です。

 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。