懐かしいグラフィックと変わらないアクションステージ

カプコンの人気アクションゲームシリーズである「ロックマン」シリーズの最新作が『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』です。おすすめの理由はシリーズ通しての懐かしいグラフィックと変わらないアクションステージです。

初代ロックマンが発売されたのは1987年のこと。当時、「魔界村」と並ぶカプコンの人気アクションゲームとしてユーザーから広く受け入れられました。シリーズ当初から、ロックマンの基本は何一つ変わっていません。

遊ぶステージが選べること。ボスを倒せば新しい武器が手に入ること。全てのステージをクリアすれば、ボスステージが登場する。これは初代ロックマンの「1」でほぼ完成しており、スライディング、ロックバスターを溜める、ウニ針といった一撃死するトラップに触れても、ダメージを受けて点滅している間は無効といった大きな変更はいくつかあったものの、10作品を通して、全てが初代と同じ作りとなっています。

そのため、初代ロックマンをプレイしていた人でも違和感なく遊ぶことができますし、初めてロックマンに触れるプレイヤーでも大丈夫です。

今作は2010年に配信されたものですが、そこには次世代機の性能を活かした美しいグラフィックというものはありません。これがシリーズ最新作といっても、ファミコン版の同じグラフィックとしか思えないはず。ですが、ロックマンに大事なのはそのようなグラフィックではありません。

アクションステージのギミック。ドット絵で描かれたユニークなボスモンスターデザイン。ステージの音楽や武器使用時や死んだときの効果音。新しい武器を手に入れて使う楽しさ。何もかも昔のままですが、変わらぬロックマンがカプコンの現スタッフによって作られたのは大変喜ばしいことですので、是非とも、触れてみてください。


■ロックマン10 宇宙からの脅威!!
メーカー:カプコン
公式ホームページ:ロックマン10 宇宙からの脅威!!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。