幽霊退治人の一員となって様々なミッションをこなす

ゴーストバスターズといえば、1984年に公開されたアメリカの人気映画。その映画をもとに出来たゲームが、「Ghostbusters The Video Game」です。おすすめの理由は、幽霊退治人の一員となって様々なミッションをこなせることです。

「ゴーストバスターズ」を視聴した人は多いのではないでしょうか。この映画は、怖いだけではなく、かなりコミカルに作られており、子供でも笑って楽しめます。そのため、日本でも大変人気がありました。

ゲームのジャンルはTPS(サード・パーソン・シューティングゲーム)。今作は日本語版がありませんので、物語(キャンペーン)を楽しむには英文の読解力が必須です。ただ、マップの見方や操作方法を覚えれば、それほど困ることはありません。純粋なTPSとして見ても完成度は高いです。

ゴーストバスターズが使用する武器はかなりへんてこなものばかり。特殊な銃から謎のレーザーを発生させて、幽霊を吸い込んだり、特殊なスライムを投げて幽霊を閉じ込めたりといったものがあり、今作でも重要な武器として登場します。

プレイヤーは幽霊退治人の一員としてゴーストを探索します。探索にも怪しげな探知機を使いますが、かなり精度はいいです。また、チームで行動することが多く、ゴーストを見つけたら捕獲開始です。ゴーストの種類は様々で、人間以外にも、巨大な人形やモンスターに乗り移り、プレイヤーに多彩な攻撃を仕掛けてきます。

また、今作はマルチプレイも熱いです。時間内に可能な限りゴーストを捕まえる「Containment」、ゴーストの激しい攻撃から生き残る「Survival」、保管された神聖なアーティファクトをゴーストから守り抜く「Thief」などといった、いろいろなルールのマルチプレイがあるので、キャンペーンをクリアしても長く楽しめます。

■Ghostbusters The Video Game
メーカー:Atari



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。