早速Xcodeを使ってみましょう! 今回はプロジェクトファイルの作り方とアプリのシミュレータの起動方法について解説をします。

プロジェクトの新規作成

アプリを作るときはアプリごとに「プロジェクト」を作る必要があります。Xcodeを起動すると以下のような画面が出てきます。
launch1

Xcode初期起動画面

左側の「Create a new Xcode project」を選択すると、新しくプロジェクトを作ることができます。

もしくは以下のように、左上のメニューから「File→New→Project」を選択しても新しくプロジェクトを作ることができます。
new_project

プロジェクトの新規作成


すると、次に以下のような画面になると思います。
kind_of_app

アプリの種類の選択

この画面ではアプリの種類を選びます。以下に代表的な種類を解説します。
  • Single View Application:画面1つが最初に与えられる最も基本的な構成。
  • Tabbed Application:画面下のタブバーが与えられ、画面を切り替えることができる構成。
  • Page-Based Application:ページめくりの機能が初めから与えられる構成
  • OpenGL Game:OpenGLというグラフィックを扱う機能が初めから与えられる構成
このように、色々な種類の構成があるので、どのようなアプリを作りたいかによって使い分けましょう!

今回はSingle View Applicationを使うので右上の「Single View Application」ボタンを押して「Next」ボタンを押しましょう。