App StoreからXcodeをインストール

App Storeが起動すると下のようなウィンドウが開くはずです。

install

App Store上でXcodeをインストール


左上の「無料」のボタンを押せばインストールが始まります。後はインストールが終わるのを待ちましょう。数ギガバイトあるので、時間がかかりますが中断しないようにしましょう。

sign_in_iTunes

Apple IDを持っているかを聞かれる

なお、App StoreからXcodeをダウンロードする際、Appleのアカウントが必要になります。持っていない場合は左下の「Apple IDを作成」というボタンを押して登録をしましょう。

無事にダウンロードが済んでMacのアプリケーションフォルダにXcodeが入ったら、アイコンをクリックして起動しましょう。

 

license2

ライセンスの画面。Agreeを押して進む。

このようなライセンス確認の画面が出てくるので「Agree」を押して次に進みましょう。

install2

installを押すとインストールが開始される

パッケージをインストールして良いか聞かれる画面になるので、「Install」を押すとインストールが始まります。無事にインストールが完了したら、終了です。

次ページは例外のパターンについて解説をします。