好きな音楽とギタリストにあったギターを

ギターは大きく分けると、クラシックギター(ガット・ギターとも言います)、フォークギター、エレキギターに分かれます。クラシックギターは文字通りクラシックの世界で使われることが多いギターで、フォークギターは弾き語りのポップ・ミュージック、エレキギターはロックというのが一般的な認識だと思います。

細かく分類するとキリがないので大雑把にギターの選び方を説明します。

1. 少なくとも新品で5万円前後のモノを選ぶ

予算がいくらでもあるのなら、なるべく高いものを選べばまず間違いはありませんが、あまり出せない……という場合、最低ラインとしてはこの当たりの値段のギターがよろしいかと思います。コレより低い値段のものだと作りも荒く、おすすめできません。

2. 新品にこだわらず中古品にも目を向ける

はじめてのギターということで、ギターも新品といきたい気持ちもあるかと思いますが、1で述べたようになるべく高いギターを選んだほうが良いというのがあります。ですので、良いギターの中古品を選ぶというのも選択肢としては充分アリだと思います。

特に、中古で5万円前後のギターであれば、お店のギターリペアマンも充分にリペアしてくれていますし、元の持ち主も大切に使っているでしょうから、まず欠陥はないと思います。

3. とにかく店員さんに質問する!

1.2といろいろ述べてきましたが、やはり「餅は餅屋」店員さんに質問をすることが一番です。音楽好きの友人がいればなお良いと思います。音楽を愛する人は音楽を愛する人に対しては熱心に対応してくれるものです。仕事だからといって安物をすすめる楽器店員はそうはいません。

とにかく、店員さんにどういう音楽がやりたくて、どういうギターがほしいか相談することが一番失敗のないギター選びの方法だと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。