ギターを買うなら、経験者の方と専門の楽器店に行くこと

最近は、オークションでギターを買う方が増えてきているようですが、オークションはあまりオススメ出来ません。初心者の方でギターを買うのであれば、必ず経験者の方と専門の楽器店に行って一緒に選ぶことをオススメします。

楽器は電気製品などと違って、ギターによって状態や音が異なるのが当然です。そして使っているうちに、修理や調整が必ず必要になってきます。楽器店で買うと、買った後に長年にわたってメンテナンスについての相談や、簡単な調整など無料対応をしてくれるということがあります。

中古のギターを購入する場合、ただ単に予算の都合で安いからといって手を出すのは、あまりおすすめ出来ません。もし、購入するのであれば、「ちゃんと音が出るかどうか」「ネックは反ってないか」「ペグやナットの消耗具合・スイッチ類に異常はないか」「フレットの残りはあるか」という部分を、しっかり確認してから選んでください。

もしも、ギターを買う際に少しでも値段を安くしたい場合には、何度か買う前などにそのお店に行き、そのお店の責任者さんなどと、仲良くなると商品を買う際に安くしてもらえるときもあります。

誰でも、出来るだけ安い物を買いたいと思っていると思いますが、やはり少々高くていい物を買うことを、オススメします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。