パワースポットを訪れる際の心構え

富士山

富士山 日本一高い山であり三大霊山のひとつでもある

パワースポットを訪れる際の心構えとして、素晴らしい場所に導いてもらったことに対しての感謝の気持ちを持ち、作法やルールを守ることがとても大切です。そうすることで、その場所の気と波長があうようになり、その人にとって必要なパワーや運を授かることができるようになります。

信仰の場である神社・仏閣を訪れる際には、必ず作法にのっとったお参りをしましょう。また、霊山や自然を訪れる際には、小石ひとつでも持ち帰ることを禁止している場所もありますので、注意が必要です。例えば、国立公園の富士山は、5合目より上は全域特別保護地区に指定されており、この地域内での動植物や鉱物の採取は法律により禁じられていますので、ルールはきちんと守りましょう。

また、パワースポットの気を感じることには個人差があります。特別なことを感じなくても、その場にいるだけで気持ちが良いと感じるのでしたら、その人にとってパワースポットになり得ます。逆にパワースポットと言われているところでも、嫌な気持ちになった場合は、その人にとってのパワースポットではないので速やかにその場を離れましょう。パワースポットを訪れる際には、頭でいろいろと考えるのではなく、ご自分の心や五感で感じることに素直になることがとても大切です。


富士山は日本のパワースポットの中心

富士山

富士山 日本のパワースポットの中心

古来より霊峰と呼ばれる日本の象徴である富士山。日本列島では、この富士山から日本の全ての山々へ龍脈(気のルート)が流れているため、日本のパワースポットの中心でもあります。私が以前富士山に登った時には、身体中の細胞が活性化するような感覚を覚えました。大変でしたがとても良い経験をさせていただいたので、また、いつか体力をつけて富士登山にチャレンジしたいと思っています。みなさまも機会がありましたらぜひ登られてみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。