1位 PFU「ScanSnap iX500」

2012年にお薦めしたいドキュメントスキャナの1位として紹介するのは、PFUの「ScanSnap iX500」だ。2009年に発売した「ScanSnap S1500」の後継モデルとなる。
PFUの「ScanSnap iX500」

PFUの「ScanSnap iX500」


iX500はScanSnapシリーズとして初めてWi-Fiによるネットワーク機能を搭載し、単体でスマートフォンやタブレット端末からの原稿読み取りが可能になった。

電子書籍の自炊向けに注目したいのはスキャン速度だ。S1500でも毎分20枚(40面)の読み取りが可能だったが、iX500では毎分25枚(50面)の読み取りに対応。だが高速化したのはそれだけではない。検索可能なPDF作成、つまりテキスト付きPDFを作成する場合、S1500では大幅に時間がかかっていたが、iX500では最大55%の時間短縮を実現したのだ。

これは原稿読み取りとOCR(光学式文字読み取り)の並列処理を実現したためだ。普通に画像として読み取るだけなら大幅な高速化を実現したというほとではないが、テキスト付きPDFを作成したい場合は特に利便性が向上したといえる。

スマートフォンやタブレットから直接読み取る場合はテキスト付きPDFの作成はできないが、保存ファイル形式や解像度、カラーモードの選択などができ、白紙ページ削除機能やサイズ自動検出機能、裏移り低減機能などにも対応する。一部対応していない自動補正機能などもあるが、ちょっとした書類をすぐにスキャンしてタブレットに保存したいといった用途にはかなり便利に使える。




■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。