ペナンのホテル選びのポイントは立地と目的

E&Oホテル

E&Oホテルの部屋から見える景色。目の前には海が広がっている

夜の屋台街でタイガービールをぐいっと飲みたいなら、ペナンの中心地であるジョージタウンのホテルがおすすめ。南国の風に吹かれてリゾート気分を満喫したいなら、海岸沿いのリゾートホテルを選びましょう。といっても、この2か所、およそ5キロぐらいしか離れていないので、タクシーを使えば行き来は可能。移動時間は20~30分、運賃は1000円もあれば問題ないでしょう。

今回は、ペナンで一番由緒あるホテル「E&Oホテル」、ユネスコの文化遺産建築保存賞を受賞した「チョン・ファッツィー・マンション」、可愛らしいデザイナーズホテルの「ムントゥリ・ミューズ」を紹介します。

E&Oホテル(イースタン&オリエンタル・ホテル)

E&Oホテル

立地はジョージタウン。白亜調の優雅な外装が真っ青な空に映える

E&Oホテル,客室

アンティークの家具に彩られた部屋。ちなみにクーラーが17度設定なので、適正温度に調整を

1885年に創業。歴史あるコロニアル調の建築様式が美しいグランドホテルです。白壁で彩られたホテルの中庭にはプールがあり、目の前にはキラキラ輝く水面が眩しい海が広がっています。その昔、スエズ運河以東にある最上のホテルといわれ、作家のサマセット・モームやヘルマン・ヘッセといった著名人が旅の疲れを癒したとか。また、クラシカルな装いながらも堅苦しくないサービスがこのホテルの魅力。プールサイドで南国の風に吹かれてうたた寝をするのもよし、ジャズバーでは陽気なバンドマンが日本の歌のリクエストに笑顔でこたえてくれます。全ての部屋が、居間と寝室が分かれたスイートタイプ。ペナン滞在を最高の思い出にしてくれること間違いなしです。

<DATA>
Eastern & Oriental Hotel(イースタン&オリエンタル・ホテル)
住所:10 Lbh.Farqular,10200 Georgetowan, Penang, Malaysia
TEL:+60(04)222-2000
料金:スイート880リンギット(約23,000円)より。朝食込み、税金・サービス料別
※インターネットの早割等でプロモーション価格(650リンギット~)あり。

チョン・ファッツィー・マンション(通称ブルーマンション)

チョン・ファッツィー・マンション、ブルーマンション

インディゴブルーの壁が印象的。東洋と西洋の融合ともいえるペナン文化に浸る

世界遺産に指定されたジョージタウンの象徴的存在。もともとは、今から約130年前、中国人の大富豪チョン・ファッツィーの邸宅として建築され、完成までに約7年の歳月を要したとか。優美な装飾が施された螺旋階段、美しいモザイクタイルの床など、当時流行していた東洋と西洋の融合デザインをいたるところで見ることができます。また、飾りをすべて左右対称のシンメトリーにするなど、風水にも徹底的にこだわったパワーのあるホテル。いにしえの大富豪の生活を体験したいなら、このホテルは外せません。客室の数が少ないので、早めの予約がおすすめです。

<DATA>
Cheong Fatt Tze Mansion(チョン・ファッツィー・マンション)
住所:14 Lbh.Leith,10200 Georgetowan, Penang, Malaysia
TEL:+60(04)262-2006
料金:420リンギット(約10,100円)より。朝食、税金・サービス料込
※毎日11時~、15時~、見学ツアー(有料)を開催。宿泊客は無料

ムントゥリ・ミューズ

ムントゥリ・ミューズ

オープンカフェを併設。スタッフの笑顔に癒され、清潔感のある館内でリラックス

ムントゥリ・ミューズ

大理石の床なのでひんやりと涼しい。明るく快適なホテル

安宿街として有名なチュリア・ストリートから1本海側の通り、ムントゥリ・ストリートにあるゲストハウス。猛暑の日でないことが前提ですが、歩いて屋台料理を食べに行ったり、アルメニア・ストリートで買い物ができて便利です。2階建てのこじんまりした快適なホテルで、スタッフの人がとても親切。チェックイン時には、部屋でプラナカン食器を使い、温かいお茶を淹れてくれました。白を基調にした部屋は充分に広く、大きめの窓から陽射しが差し込んでいるため、明るく開放的。Wi-fiもばっちりつながります。

<DATA>
Muntri Mews(ムントゥリ・ミューズ)
住所:77 Muntri Street, 10200 Georgetowan, Penang, Malaysia
TEL:+60(04)263-4125
料金:300リンギット(約7,500円)より。税金・サービス料込
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。