200年以上受け継がれた湯沢屋の味

 

 

日光グルメの代表格と言えば湯葉ですが、実は200年以上前から名物と言われていたのが「湯沢屋」の酒饅頭!お店に併設された「茶寮」では蒸したての酒饅頭や水羊羹、焼き饅頭がお抹茶とともに味わえます。

 

 

東武日光駅から徒歩15分、日光市役所のすぐ近くにある「湯沢屋」は江戸時代から続く老舗。創業当時からある酒饅頭は日光詣での参拝客御用達として、「日光饅頭」と呼ばれるほど評判だったそうです。

人気の秘密は酸味のある生地と絶妙な甘さのあん!「湯沢屋」では酒饅頭の味を決める「こうじ」や「あんこ」を全て手作り。材料作りから完成まで7日間もかけて仕上げていきます。これだけの手間をかけただけあって、一口食べただけでハマってしまうほど絶品!とくに上品で人工的な味がしない生地には感動です。
 

 


「湯沢屋茶寮」では酒饅頭と抹茶のセットが500円、日光の名水仕込みの水羊羹と緑茶のセットが500円で味わえます。酒饅頭も水羊羹も気になる~という方には湯沢屋セットがオススメ!酒饅頭と水羊羹、ピリリと辛い紫蘇巻とうがらしがセットになって、緑茶だと600円、抹茶セットは700円。他にも豆乳ソフトクリームや冬季限定の酒饅頭しるこなど、バリエーションは豊富です!

■湯沢屋茶寮
住所:日光市下鉢石町946
電話:0288-54-0038
営業時間:10時から16時まで(不定休)
アクセス:「東武日光駅」から徒歩15分。日光市役所のすぐ近く
URL:http://www.yuzawaya.jp/link3.html

※データは記事公開時点のものです

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。