「Unlocker」で削除できない場合は、「SRCpy」を使う

まず「Unlocker」で削除できない場合についてです。最初に確認することがあります。それは削除したいファイルの所有者権限か、または管理者権限で削除を試みたかということです。正しい権限下でないとUnlockerはうまく動作しません。

そして、この条件でさらにセーフモードでも削除できない場合は、「SRCpy」というソフトを試してみるとうまくいく場合があります。Unlocker同様、非常に評価の高いソフトです。検索するとUnlockerで削除できない場合に、削除における対応範囲が異なることもあってこちらで削除できたケースが多く見つかります。

ダウンロードはこちら http://bit.ly/jwT7I3

現行のWindowsにはすべて対応、64bit機にも正式対応しています。ご自身のPCに応じたバージョンをダウンロードしてください。インストールはダウンロードした自己解凍のEXEファイルを実行してください。詳細は上記リンクのページに書かれています。

undefined

写真はイメージです


SRCpyの使い方

  1. SRCpyを起動する
  2. 「削除するファイル」の欄に対象ファイルをドラッグ&ドロップする(または追加ボタンから)
  3. 追加が完了したら、「コピー先ファイルと削除ファイルを保存する」のチェックを外す
  4. [確認と登録]ボタンがアクティブになるのでクリックする
  5. 削除予定のファイルリストが表示される
  6. 「今すぐ再起動する」を選択すると、Windowsが再起動して削除処理が実行される

これら2つの強力な定番ソフトでも削除できないなら、ファイルシステムの一部が壊れているか、マルウェアに感染している可能性が高いと考えられます。

ファイルシステム破損の場合

システムの問題箇所を見つけ修復するのに「Fix it」が役立ちます。 
http://bit.ly/gZyyoQ

こちらからWeb上で、またはいったんダウンロードしてから修復を試みてください。うまくいかない場合はChkdskユーティリティを実行します。
・こちらをご参考に → http://bit.ly/QeCI6Q

感染の場合

ご利用のセキュリティソフトをすり抜けて侵入されているかもしれません。違うベンダーの無料のオンラインスキャンや駆除ツールを試してみてください。 
http://bit.ly/UiCLyZ

修復後または駆除後に再度削除をお試しください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。