検査の結果に問題があるようなら、ロングリードテストや修復を試みる

 

 Seagate社の「Seatools」の画面


「ノートパソコンを誤って落としてしまったときに、壊れていないかチェック」というのは、特にHDD(ハードディスク)の損傷の有無や程度をチェック、ということになろうかと思います。筐体(きょうたい)にひびが入ったとか、液晶が割れたとかいう以外にも、HDDは落下等の衝撃に関連したそれなりの弱さを持っており、程度によってはチェックが必要な場合があります。

※ハードディスクの落下へのメーカー側の対処についてはこちらをご覧ください。
・lenovo……http://www.lenovo.com/jp/tvt/quality/free_fall.html
・BUFFALO……http://buffalo.jp/products/catalog/storage/taishougekihdd/

最も安全な対処法というのは、正常な起動を確認できた時点でまずユーザープロファイル(マイドキュメントやデスクトップ、個人設定)を別HDDやクラウドにコピーし、そして、その他の必要ファイルを別の所にコピーしてからチェックを始めるというものでしょう。というのも、チェックの最中に不良箇所でHDDが止まってしまうという事態が時折生じます。

診断チェックツールはいくつかありますが、HDD大手メーカーのひとつであるSeagate社提供の「Seatools」が便利です。

■手順
  1. ダウンロードサイトにアクセス(http://www.seagate.com/jp/ja/support/downloads/seatools/
  2. 通常であればWindows版をダウンロード
  3. ベーシックテスト>ショートリードテストを実行

環境によっては.NET Framework 4のインストールが求められるかもしれません。もしOSが立ち上がらないほどであれば、DOS版をダウンロードしてCDを焼き、CDブートしてチェックすることが可能です。その場合にも、まずはデータ救出(別HDDにコピー)が必要でしょう。

検査の結果に問題があるようなら、ロングリードテストや修復を試みます。

検査の結果が問題ないようであれば、さらにベーシックテスト>S.M.A.R.T.チェックで情報を確認することができます。この点「CrystalDiskInfo」あたりも使いやすいでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。