プリンター印刷一覧(ジョブ一覧)

 

 

 

 

印刷に関しては、プリンター機種、ドライバーソフト等で印刷中の画面は異なりますが、基本はジョブ一覧から、削除かキャンセル処理を行います。

アプリケーションからキャンセル

  1. 印刷一覧(現在印刷中のドキュメントが表示)。印刷中の枚数も表示され、この時点で「あっ!凄い枚数」と思うタイミングだと思います。
    ※通常印刷すれば上記画面がポップアップします。
    ※一覧画面の表示は スタート→コントロールパネル→プリンタ
  2. 1秒でも早く印刷中ドキュメントを右クリックして[キャンセル]を選択。ただ、プリンターは高速に処理されるので、この時点でプリンター本体へ印刷データが転送されている場合は止めれない可能性があります。

オススメできないが物理的強制的な停止方法

  1. 用紙を抜くかオフラインへ。
  2. 全面カセット用紙、手差し用紙など現状印刷している用紙をタイミング良く抜く。結果、紙切れになり印刷中断
  3. この状態で、プリンター本体にドキュメントクリアボタン(中止、削除)を押して、プリンター内部に転送されたデータを削除。
  4. あと用紙を元通りに格納する。
ビジネスでは、プリンターが数台あっても共有するものなので、プリンターを止めるのは最終手段です。

今回は事後処理ですが、基本印刷する場合は会社、自宅関係なく印刷プレビューするか、印刷ページ数を指定することをオススメします。

特にWEBページを印刷する場合、印刷考慮した作りではない場合が多いで複数のページにまたがり紙、インクが無駄に消費されます。また、個人で作成したドキュメント(PDF除く)も、作成したパソコンでは1ページでぎりぎり印刷できても、他のパソコンで2ページにまたがることもあります。

これは個人の環境に依存するプリンター設定、性能によるものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。