ナイトウェディングとは、結婚式・披露宴を夕方から夜にかけて行うスタイル。光を使う幻想的な演出ができ、ゲストには時間にゆとりを持ってお越しいただけること、費用が抑えられることから、注目されています。

ナイトウェディングはなぜ費用が抑えられるのでしょうか? そのポイントをいくつかご紹介しましょう。

式場の料金設定そのものがリーズナブル

各式場のナイトウエディングプランは、「ゲスト40名で64万円」「ゲスト50名で100万円」など、リーズナブルな設定になっていることが多いです。

演出・装花が少なくてすむ

昼間に行う挙式・披露宴に比べて「光の美しさ」を楽しむことができるナイトウェディング。夜景の美しい会場を選べば、ゲストにはその眺めを楽しんでいただくことができ、過剰な演出が必要なくなります。
また、式場との式・披露宴の見積もりで、初めに提案される会場装花は「物足りない」と感じることが多く、高い装花を選びたくなる新郎新婦がほとんどと言われます。でも、ナイトウェディングならば、光(ライト、キャンドルなど)を使って会場を華やかにすることができるので、装花にかける費用が抑えられます。

二次会の費用がかからない

ナイトウェディングは、お開きになる時間帯が遅く、二次会を開くのが難しいです。これがナイトウェディングのデメリットでもあるのですが、「二次会費用が掛からない」とも言えます。


ここまで、ナイトウェディング費用が安く抑えられるポイントを紹介しましたが、注意点もあります。

遠方からお招きしたゲストは当日中に帰宅できない場合が多く、宿泊していただく必要が出てきます。その場合には、昼間の式・披露宴にお招きするより、お車代がかさむこともあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。