心付けとは、結婚式や披露宴を行う際にお世話になるスタッフの方などに渡すお礼のことです。介添人や会場責任者、カメラマンや、お世話になった着付係、美容師などにまで配る人もいます。

心付けは誰に、いくら渡す?

最近の披露宴会場などでは、心付けを受け取らないというところもあるようですが、会場責任者や介添人などの助けなく披露宴が行われることはありません。気持ち次第ですが、おおよその相場は5000円から1万円程度となっているようです。

また、美容師や着付け係の方などには3000円から1万円が相場となっていますが、人数が多いため菓子折りなどを用意する人もいるようです。

心付けはいつ、どうやって渡す?

いずれも結婚式が始まる前に渡しておく方がよいでしょう。会場責任者や介添人の方などは必ず挨拶に見えますので、その時に「今日は宜しくお願いします」という挨拶とともに渡しておくと、スマートですし、安心してサービスが頼めると思います。

1万円以下のお金であれば、ポチ袋などの小さめの封筒に入れておけばよいでしょう。

当日になって関わる人もいるかもしれませんので、多めに用意しておくことをおすすめします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。