【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


「心付け」とは、結婚式に携わってくださったスタッフへお渡しする謝礼のことです。ウエディングプランナー、介添人、ヘアメイク、司会者などお世話になる方にお渡しします。

心付けは両親から渡すのが一般的

心付けは「新郎新婦からスタッフへの感謝の気持ち」を表すものです。そのため、本来は二人から直接、渡すのが良いのです。しかし、新郎新婦の挙式当日の忙しさは大変なものですし、タキシード・ウエディングドレス姿でのお金のやり取りは、あまり気持ちのいいものではありません。

そのため、ご両親、特にお母様にお願いしておくのが、一般的です。事前に「誰に・いくら・いつ」渡すかを、打ち合わせておきましょう。

心付けを渡すタイミングは結婚式・披露宴の前

もともと心付けには「お世話になりました」という謝礼の意味があったのですが、帰り際は慌ただしいこともあり、最近は「よろしくお願いします」と結婚式・披露宴の前に渡すのが一般的になっています。

心付けを渡す相手と金額の相場

結婚式・披露宴でお世話になる方にお渡しします。何人のスタッフが担当してくださるか、当日までわからない場面もありますので、新札とポチ袋・ご祝儀袋は多めに用意します。会場によっては「受け取れない」「お気持ちだけいただきます」と辞退される場合もあります。その場合は強引に押し付ける必要はありません。

■ウエディングプランナー
挙式前に、3000円から1万円をお渡しします。

■会場責任者
披露宴の人数60名の場合、1万円程度を披露宴前にお渡しします。金額は披露宴の人数に応じて変わります。

■美容師、着付け師
支度に入る前に、5000円から1万円をお渡しします。

■介添人
挙式前またはお引き上げ後に、3000円から1万円をお渡しします。

■プロ司会者
挙式前または披露宴後に、5000円から1万円をお渡しします。

■カメラマン
挙式前または披露宴後に、3000円から1万円をお渡しします。

■音楽の生演奏
挙式前または披露宴後に、3000円から1万円をお渡しします。

■ハイヤー、貸し切りバスの運転手
ハイヤー、バスから降りる際に、2000円から3000円をお渡しします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。