勝沼のおすすめ観光スポット

ブドウ農園も多く、シーズンにはブドウ狩りも楽しめる。栽培スタイルは棚田式が多いが、最近は垣根式も増えている

ブドウ農園も多く、シーズンにはブドウ狩りも楽しめる。栽培スタイルは棚式が多いが、最近は垣根式も増えている


30以上のワイナリーがあり、日本一のワイン産地として多くの観光客が訪れている勝沼。ワイン資料館など、ワインがらみの観光スポットが多いのが特徴です。

ワイン好きなら、やはりワイナリー巡りはハズせません。見学には予約が必要なところも多いので、事前に問い合わせておきましょう。タクシーや車でまわるのが一般的ですが、毎年秋には循環バスでワイナリー巡りできるイベント「ワインツーリズムやまなし」もおこなわれています。

甲州市勝沼 ぶどうの丘

ぶどうの丘

小高い丘の上にある「ぶどうの丘」。周囲は一面のブドウ畑

小高い丘の上にある、ワインとブドウの複合施設。地下のワインカーヴ(貯蔵庫)では試飲容器タートヴァン(有料1100円)を買えば、約200銘柄の山梨産ワインが試飲し放題! ワイナリー巡りをしたいけど、車だと飲めないし、そんなに数は回れない……という人はぜひココへ。もちろん気に入ったものがあれば購入OK。地方への発送の手配もできます。敷地内には、レストランやバーベキュー場、温泉や美術館もあります。

住所:山梨県甲州市勝沼町菱山5093(Googleマップ
TEL:0553-44-2111
HP:甲州市勝沼『ぶどうの丘』 

宮光園

宮光園

入口の門にも歴史を感じる宮光園

日本ワイン発祥の地ともいわれる宮光園。宮崎光太郎が創業した宮崎葡萄酒醸造所と観光葡萄園の総称です。当時のワイン醸造などがわかる貴重な資料が展示されています。

住所:山梨県甲州市勝沼町下岩崎1741(Googleマップ
アクセス:JR勝沼ぶどう郷駅よりタクシーで約8分、中央自動車道勝沼ICより約3分
TEL:0553-44-0444
観覧時間:9:00~16:30(受付は16時まで)、火曜休(祝祭日の場合翌日休)、年末年始休
HP:宮光園 - 山梨県甲州市観光協会 ぐるり甲州市

シャトー・メルシャン ワイン資料館

シャトー・メルシャン ワイン資料館

シャトー・メルシャン ワイン資料館

宮光園の斜め向かい、シャトー・メルシャン内にある資料館。1904年に建てられた木造ワイン醸造所は現存する日本最古のもの。シャトー・メルシャンのみならず日本ワインの歴史もわかる貴重な資料が展示されています。

住所:山梨県甲州市勝沼町下岩崎1425-1(Googleマップ
TEL:0553-44-1011
観覧時間:9:30~16:30、火曜休(祝祭日の場合翌日休)、年末年始休
HP:シャトー・メルシャン
※関連記事:ワイン好き必見!山梨の「シャトー・メルシャン」見学

勝沼トンネルワインカーヴ

勝沼トンネルワインカーヴ

勝沼トンネルワインカーヴ。残念ながら現在利用はキャンセル待ち

現在は使用されていない1902年に建設された列車用のレンガ造りのトンネルを利用してワインの貯蔵庫にしています。年間を通して14度前後に保たれているので、ちょうどワインの保存に適しているのだそう。奥行きは1キロ以上あり、手前200メートルが個人用、奥900メートルをワイナリー各社がセラーとして利用しています。すべてのセラーが利用中ですが、管理事務所に声をかければ入口付近の見学はOKです。

また、ワインカーヴの向かいには同じくトンネルを遊歩道に整備した「大日影トンネル遊歩道」がありますが、劣化対策のため、平成28年4月25日~当分の間閉鎖されています(鉄道標識や水路は当時のままでムード満点なので、今後再開されたらこちらもぜひ)。

住所:山梨県甲州市勝沼町深沢3602-1(Googleマップ
アクセス:中央自動車道勝沼ICより約10分/ JR中央線勝沼ぶどう郷駅よりタクシーで約10分
TEL:0553-20-4610(勝沼トンネルワインカーヴ案内所)
開館:9:00~16:00、年末年始休(勝沼トンネルワインカーヴ)
HP:トンネルワインカーヴ

ハーブ庭園 旅日記

ハーブ庭園 旅日記

約1万坪の広大な敷地を誇るハーブ庭園 旅日記

花と香り、緑と風のテーマガーデン。園内にはハーブをはじめ、春にはチューリップ、初夏にはローズガーデンやラベンダー、秋にはコスモスなど、季節ごとにさまざまな花が咲いています。1万坪と広々していて、しかも入場無料。売店には「世界で2番めにおいしいソフトクリーム」が売っています。気になる味はぜひ現地でどうぞ!

住所:山梨県甲州市勝沼町等々力1736(Googleマップ
TEL:0553-44-3715
営業:9:00~17:30、年中無休
HP:ハーブ庭園 旅日記

四季折々の楽しみ方、見どころがある甲府・勝沼エリア。ぜひ、いろいろな季節に訪れてみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。