「30過ぎると、40過ぎると、女はモテなくなっていく……」といたるところで刷り込まれてきたけれど、私の周囲にはいくつになってもモテている女子がたくさんいる。

彼女たちは、見た目も中身も個性はさまざまだけど、共通項がいくつかある。
まずは、“軽い”ということ。もちろん、「軽薄」という意味での軽さではない。

「軽さ」=先を見通し過ぎない賢さと行動力

心も身も軽いのが、年齢不詳モテ女の共通項

心も身も軽いのが、年齢不詳モテ女の共通項

心も身も軽やかなのだ。楽しいことをひらめいたら、考えすぎずに動く。動いて良いほうに転がったら、上手に身をゆだねて波に乗って行く。ダメな方に転がることだってあるけれど、ケガをしても泣いても反省・分析したら、切り替えが早い。それは、恋愛においても同じこと。彼女たちは、男の子と関わる速度が早いのだ。

何かいいかも! と思ったら、自然に考えずに近づいて話しかけている。「どんな話をすればいいのかな?」なんて考えないし、ましてや、「声をかけて気があると思われたらどうしよう」なんて意味のない予測はしない。話が続かなくたって、笑ってごまかせばいい。声をかけたくらいで「気がある」なんて思われないことがほとんどだし、たとえ、思われたところで、別にどうってことない。因みに、モテ女子は、その手の誤解をさせても何とも思わない。そういう意味でも軽い。

荷物と同じで、想いは、軽いほど届くのが早いのだと思う。

好かれる女性が男性に求めるものって?

年齢不詳のモテ女たちは、男子に求めるものも“軽い”。30overの女たちがモテなくなっていく、最大にしてほとんど唯一の理由は、男に求めるものがリアルに重いからだ。20代の「結婚したい」には、まだ、甘えとともに夢見がちな匂いも漂っているけれど、30代の「結婚したい」は、重いし、あまりいい匂いがしないから、男子が遠ざかっていくのだと思う。

とはいえ、「結婚したい」のに、それを隠すのは難しい。それは、匂いのようなものだから、いくら言葉や態度で取り繕っても、消せないからだ。しかも、結婚したいのに、したくないフリをすることに意味はない(モテ女にも、結婚したい人はたくさんいるし!)