これまで、計画的に100万円を貯めたことが3回あります。その方法をご紹介します。

家賃に上乗せして「思い込み」貯金

賃貸マンションに住んでいた際に試した方法です。家賃用の口座を作り、家賃+3万円をその口座に毎月振り込む方法です。仮に家賃が8万円なら、11万円の家賃と自分の中で設定してその口座に振り込みます。家賃の引き落としはもちろん8万円のみ引き落とされるので、毎月3万円が残る(貯蓄)わけです。自己暗示で家賃を高く思い込む方法なので、比較的ほかの方法よりも“貯め慣れ”しやすいです。

給与天引きで強制的に貯める

3回のうちの2回はこの方法で成功しました。上の方法の後に試しましたが、“圧倒的に楽”です。会社によっては給与天引きで財形貯蓄ができる仕組みがあります。使いたくても使えない状態で貯まっていくので、“必ず成功させたい貯蓄”の場合には一番いい方法です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。