多忙な毎日、自宅で疲れを癒すリラクゼーション機器として、世代を超えて年々人気が高まっているのがマッサージチェア。価格の張るものだからこそ、ぴったりのものを選びたいですね。選び方のポイントやチェックする際の注意点をご紹介しましょう。

マッサージチェア市場はどうなっている?

幅広い世代の注目を集めているマッサージチェア

幅広い世代の注目を集めているマッサージチェア

これまで40~70代の年齢層に支持されてきたマッサージチェア市場に大きな変化が起きたのは2009年のこと。コンパクトでデザイン性にも優れた“ソファタイプ”のものが登場し、その後、大手各社から同様のモデルが発売され、その裾野を30代前半にまで広げました。

こうした市場の中でソファ型とハイエンドモデルの2極化が進んだのですが、ここに来て注目されるのはコンパクトながら機能は本格的という、いわゆるミドルクラスのものが充実してきたことです。ソファタイプでは物足りないけれど、40万円近くする高級モデルも購入は無理…という人向けものが登場し、置き場所や予算、求める機能に即したモデルが幅広く出そろったことで、ぐんと選びやすくなっているのです。


選び方のポイントは3つ

プロの手によるマッサージは気持ちのよいものですが、通う時間がなくて…という人も多いことでしょう。自宅で気軽に使用できるマッサージチェアがあったらうれしいですね。とはいえ、価格の張るものですから、求める機能をしっかりと見極めて選びたいものです。

選び方のポイントは、「機能」「価格(予算)」「デザイン・大きさ」の3つ。それぞれのポイントを押さえた上で、わが家にぴったりの1台をセレクトしましょう。ここでは、「機能」に絞って、最新のマッサージチェアについてご紹介していきます。