デスクトップの表示 

Windows 7で、タスクバーに「デスクトップ表示」アイコンをご紹介します。

デスクトップを表示させるだけなら、画面右下、時計横の細長い部分をクリックすれば表示されます。どうしてもタスクバーに、昔ながらの「デスクトップの表示」アイコンを表示したいと言う場合は、少々手順が多くなりますが、以下の方法で表示することができます。

解決策(1)

  1. メモ帳を起動し、以下の5行のコードコピーして貼り付けます。
    =================================
    [Shell]Command=2
    IconFile=explorer.exe,3
    [Taskbar]
    Command=ToggleDesktop
    =================================
  2. 名前を付けて保存する際に、
    =================================
    保存場所「デスクトップ」
    ファイル名「デスクトップの表示.scf」
    =================================
    で保存します。
  3. 昔のアイコンの「デスクトップの表示ボタン」が出来上がります。

解決策(2)

  1.  デスクトップを右クリック→新規作成→フォルダで、「デスクトップの表示」と名前をつけたフォルダを作成します。「デスクトップの表示.scf」をこのフォルダにコピー。
  2.  タスクバーの空いているところで右クリック→ツールバー→新規ツールバーで、「デスクトップの表示」フォルダを選択します。タスクバーに「デスクトップの表示」と現れたら、タスクバーの空いているところを右クリック→「タスクバーを固定する」のチェックを外します。
  3.  「デスクトップの表示」の左の点線のような部分を左にドラッグし、先にコピーしたアイコンが見えるようにします。左側の「デスクトップの表示」を右クリックし、「ボタン名の表示」と「タイトルの表示」のチェックを外すと、アイコンのみになります。アイコンが小さい場合は、アイコン周囲で右クリック→表示→大きいアイコンにします。
  4.  再度点線のような部分を右にドラッグして範囲を縮めます。
  5.  再度タスクバーの空いているところを右クリック→「タスクバーを固定する」にチェックします。
※注意点:拡張子は必ず.scfにする必要があります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。