クック諸島の代名詞、美しきアイツタキ環礁

アイツタキ環礁

ワンフット・アイランド沖のサンドバンク。歩いて渡れます

多くのツーリストが目指すのは、ラロトンガ島から国内線で約50分のアイツタキ環礁。周囲45kmの広大な環礁に、一周約27kmの小さな山がちの島が浮かんだ地形です。このラグーンの美しさは、どこの海ともたとえようがないほど圧倒的。浅瀬がどこまでも広がり、海底の白砂に太陽光が反射して、海が光を放っているようなのです。淡いネオンブルーというか。地元のガイドさんいわく「ここの画像を見せると、フォトショップで加工した?って聞かれるけれど、リアルカラーなんだよね」と。現実とは思えないほど、キレイなのです。

ラグーンクルーズで満足度UP

アイツタキ環礁

このブルー! 決して、加工した色ではありません

そんなアイツタキの海の美しさを満喫するなら、ラグーンクルーズに参加を。オオツという入江から出発し、まず離島のモツ・アカイアミへ向かいます。この小島は1950年代にニュージーランド‐アイツタキ間を結ぶフライト(通称コーラル・ルート)の空港があったそうで、当時のターミナルがバンガローになっています。

アイツタキ環礁

ワンフット・アイランドの郵便局。無人島なのに、なぜかあります

船上でビュッフェランチの後に、向かうのがハイライトのワンフット・アイランド。民家も何もないのですが、なぜかヤシの木陰のオンザビーチに郵便局がポツンと一軒のみ建っています。ここからハガキを出したり、パスポートにハンコを押してもらえるのです。そしてワンフット・アイランド沖には干潮時のみ歩いて渡れるサンドバンク(砂洲)が! 360度、光輝くラグーンと大空に包まれます!

<DATA>
The Vaka Cruise
時間:10:00~16:00
料金:99ニュージーランドドル~
住所:PO Box 79, Avarua, Rarotonga, Cook Islands
TEL+682 24 885


ラロトンガよりさらにのんびりなアイツタキ島

アイツタキ環礁

クック諸島の国旗には15の星が。これは15島を象徴しているのだそう

アイツタキ島には8つの村があり、中心地のアルタンガでさえ、人影はまばらで、民家がぽつんぽつんと点在しているくらい。車で一周しても、たまによろずやさんを見かける程度です。ただし、宿泊施設は27件あり、リゾートは充実しています。水上コテージをもつプロパティも1軒ありますが、環境への配慮を考えて、もうこれ以上は造らないそう。環境に対しての意識の高さを感じさせます。

 

アイツタキ環礁

ひっそりとあるマラエ。どことなくスピリチュアルな気が感じられます

また、興味深いのがマラエ(遺跡)。1000年以上も前のこと、島の中央から1~2トンはある巨石を運んで造られたそうで、当時の王の偉大なる権力や栄華がうかがえるもの。タヒチのかつての首都ライアテアと深いつながりがあり、ポリネシアが歩んできた歴史に気分はタイムトリップするようです。とはいえ、立看板が示すようなわかりやすい名所ではなく、ヤシの木々の合間にひっそりとたたずむ遺跡にかえってロマンが感じられることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。