リピ確実! 「暮らす」体験は町家ならでは

リビング

町家、和室は日本人のDNAに響きます

さて、一泊した感想は「また泊まりたい」の一言。京都に住まいを構える身でありながらも、あえて時間を作って泊まりたいと思いました。

それはやはり町家という歴史を重ねてきた住居ならではの魅力。全てが非日常であり、滞在する時間はまさに“旅”になってしまうのです。それでいて、「暮らしている」という錯覚にも陥る。一棟丸ごと貸してもらえるからこそ、味わえる感覚なのでしょう。これはホテルや旅館では、まず体感できません。2人はもちろん、気の置けない仲間と泊まるのもおすすめ。京都滞在がますます楽しくなること間違いなしです。

■和泉屋町 町家
問合せ先:株式会社 庵 
京都府京都市下京区富小路通高辻上ル筋屋町144-6
宿泊料金:4万円より(季節、人数により異なる)
チェックイン16:00、チェックアウト11:00
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。