カルチノイド=がんのようなもの!?

カルチノイドは、英語では、carcinoidと書きます。がんのことをcarcinomaと言うのですが、このことから予想されるようにがんに似た性質を持つ腫瘍です。良性腫瘍ではなく悪性腫瘍であり、がんと同様、いろいろな臓器に発生するのですが、今回は「肺カルチノイド」であったと報道されています。

あまり、聞き慣れないという方も多いと思いますが、今までの研究によれば、肺の悪性腫瘍のうち、約1%しかないという比較的まれな疾患でもあります。

二つのカルチノイド

カルチノイドは、一般的には悪性度が低いと考えられています。実際、がんの進展もゆっくりの場合があり、長期生存が期待できるものも多く、これらは定型カルチノイド(Typical Carcinoid)と呼ばれています。一方、低悪性度と考えられているカルチノイドでも、比較的早く病状が進行し、治療が困難なものがありますが、これらは、非定型カルチノイド(Atypical Carcinoid)と呼ばれています。

定型か非定型かは、細胞の一部を採取し(生検)、組織を顕微鏡で観察し診断されます。頻度的には定型カルチノイドの方が多く見られます。

 

肺カルチノイドの初期症状

肺カルチノイドの検査

肺カルチノイドのうち、末梢にできたものは症状が出づらいのが特徴です。健康診断などで胸部レントゲンやCT検査を行い発見される例が多いのが現状です。

肺カルチノイドの初期症状は、肺がんと同様です。肺の中枢側(気管側)にできれば、咳や血痰などが見られますし、カルチノイドの増大に伴い、気道の狭窄による喘鳴などが認められます。咳や喘鳴はほかの呼吸器疾患でも見られるものですが、血痰は腫瘍からの出血に伴う比較的特異的なものです。もし、血痰が見られる場合には、ほかの疾患の可能性もありますので、一度内科や呼吸器科を受診されるのが良いと思います。

一方、肺の末梢側にできた場合には、ほとんど症状が現れず、健康診断やほかの病気で撮影した胸部レントゲン写真やCTなどで偶然発見されるケースが多いです。

 

カルチノイドの治療

カルチノイドの治療

カルチノイドもがんと同様、手術、放射線治療、抗がん剤治療を組み合わせて行います。ただ、症例数が多くないこともあり、まだまだ治療法には研究の余地が残されています。

カルチノイドの治療も、がんと同様、手術・化学療法・放射線療法が行われますが、症例数が少ないこともあり、まだその治療戦略については研究の余地がある状態です。

ただ、腫瘍ですので手術がメインとなりますが、低悪性度ということも考慮し、転移が見られない症例では、肺の一部を解剖学的領域単位で切除する区域切除など縮小手術が盛んに行われるようになってきています。
転移や浸潤が激しく手術が困難な場合には、化学療法や放射線療法をメインとしますが、とくに非定型カルチノイドについては、治療の成績はまだまだ満足いくものではありません。これからの研究が待たれる分野といえるでしょう。

金子さんの詳しい病状はわかりませんが、1年ほどの間に急速に症状が変化していることから、非定型カルチノイドだったのでは、と考えられます。闘病中も、それは表に出さず、お仕事も続けられていたようです。ご冥福をお祈りするとともに、検査や治療などさらなる医学の進歩を待ちたいと思います。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項