地中海の光を集めたようなタイルが輝く空間

南イタリアのソレントとアマルフィ海岸の中間に位置するSant’Agata sui Due Golfi(サンタガータ・スイ・ドゥエ・ゴルフィ)という小さな町にあるリストランテ「Don Alfonso1890(ドン アルフォンソ)」。南イタリアではじめてミシュランの三つ星を取ったことのあるレストランです。宿泊施設もあるオーベルジュの広大な敷地には、プールや、自家農園で作られた食材を生かした料理教室もある。そこの内装で使われている、地中海の光を集めたような伝統のタイルで構成された空間をご紹介します。
イタリアンタイル

イタリアンタイル

このタイルは、南イタリアのレモンと空の鮮やかなイエローとブルー、海岸沿いに連なるオリーブやレモンツリーの緑を思わせます。地中海的なコントラストが特徴です。室内に使われたいくつもの柄タイルは、この地のビンテージタイルからインスピレーションを得て、オリジナルにデザインされたものです。


1.タイルがつくりだす強烈な個性
2.レストランの厨房にも鮮やかなタイルが!
3.ビンテージタイルが張られているガーデンコート